[海外交流・留学サポート] えひめ・松山すごいもの博2019への出展に協力しました。

令和元年11月16・17日と二日間にわたって開催された「えひめ・松山すごいもの博2019」にて、愛媛県国際農業者交流協議会が主催するブース出店にオフィス・セイケが協力、Facebookライブを提供しました。
 それぞれのインタビューの模様は、編集後に同協議会のFacebookに公開されます。
ーーーーーーーーーーーーー
 
愛媛県国際農業者交流協議会
~君も海外に宝物を見つけに行こう!~海外農業研修生大募集!!
堀之内にて開催される『えひめすごいもの博』に協議会として出店。海外農業研修を体験してきたOBやOGが集まって交流、研修に関心のある方の相談を受け付けています。
 
 
このビデオは日本の若者たちに海外農業研修に関心を持ってもらうため、愛媛県国際農業者交流協議会が独自の活動として「えひめすごいもの博2019」にブース出展した時の様子を収録したものです。海外農業研修は公益法人国際農業者交流協会が主催し、過去60年以上に渡り世界や国内の様々な変遷の中、日本の青年たちを米国やヨーロッパ各国に派遣し続けてきています。日本各地に脈々と生き続ける海外農業研修生スピリット。その一端をご紹介できれば幸いです。
 
This interview in this video was produced and recorded by The Ehime Pref. International Agricultural Exchange Council at an annual event, “Sugoimonohaku 2019,” held by Ehime Prefecture & Matsuyama City on November 16-17th, 2019, at Shiroyama Park beneath the Matsuyama Castle.
 
The purpose of this video interview is to promote the Japanese Agricultural Training Program operated by JAEC (The Japan Agricultural Exchange Council). JAEC sends agricultural trainees to agriculturally advanced countries under the 1 – 1 and half year program. They follow farm training and join lecture courses.
 
Upon return to Japan, they are expected to be leading farmers equipped with global perspectives, technological and managerial capabilities as well as influential leaders in their communities. These youths will also contribute to international exchange and cooperation.
 
Approximately 14,300 trainees have been sent to countries in North & South America and Europe since 1952 when the program started.
 
  • CSTOYS featured in Shopify Japan Booklet

    Shopify パートナー

    2019年には、日本の商材を海外に販売してきた経験を生かし、Shopifyパートナーとして活動を開始。中小企業向けのEコマース構築サービスのサポートを始めました。

  • Office Seike: Switcher Studio

    ライブ配信サポート

    今やオンライン配信はごく普通の事となり、ビジネスに不可欠な存在となりました。「情報発信」の大切さが強調されますが、ただ映像見せれば良いわけではなく、訴えたいことは何かを絞り込み、ストーリーを引き出していく必要があります。

    弊社が今までオンライン配信と販売で培ったきたノウハウを活用し、YouTubeライブやFacebookライブなど、少人数からのライブ配信機材手配・運営サポート致します。

  • International Study with Office Seike

    国際教育

    「モノやコトを売る」という事は、自分や自分の周りの事を学ぶことから始まります。広い世界で日本人が生きていくには「世界で売る」ことを今始めなくてはなりません。産業と教育が表裏一体であるように、今後Eコマースの考え方が国際教育に導入されていくことでしょう。

    オフィス・セイケでは、地方における越境ECの重要性を考え、教育分野に今後も注力していきます。