復興宇和島情報共有コーナー:ヒーローズ・ウィズイン Hero File #014: インタビュー/NPOえひめリソースセンター理事 竹内よし子さん

 


●番組コーナー「ヒーローズ・ウィズイン(内なる英雄たち)」#014

「ヒーローズ・ウィズイン(内なる英雄たち)」、今日は、えひめグローバルネットワーク代表、そしてNPO法人えひめリソースセンター理事を務められている竹内よし子さんに、テレビ電話にて番組参加していただきます。

スタジオゲスト:竹内よし子さん

- 愛媛県西条市生まれ。
- 一般企業・研究機関などの経験を経て1998年より市民活動を開始。
- 特定非営利活動法人えひめグローバルネットワーク代表理事を務める。
- 四国内で国際協力・環境保全・持続可能な開発のための教育(ESD)のネットワークを構築しながら、行政・教育機関・NPO/市民の連携を推進中。
- NPO法人えひめリソースセンター理事



関連テーマ:防災教育・産業振興・災害支援

----------------------------------------

CSTOYS Toku Wave Weekly Live FM Radio Segment: Heroes Within

After suffering immense damage from the heavy rainfall in western Japan during the summer of 2018, the city of Uwajima is on its way to recovery. Heroes Within is our radio segment that introduces the ordinary people of Uwajima that have transformed into our heroes that help the city and its people recover, grow, and rebuild.  The corner will share the latest information regarding disaster response, disaster prevention, disaster education, and industry promotion by non-profit organizations (NPOs) and city officials in the community. At the end of the segment, we will showcase the hero within by sharing with you their favorite tokusatsu or anime songs.

Theres a little hero in all of us.

  • 西日本豪雨災害:コミュニティFMが地域で活躍するヒーロー達を紹介/ Western Japan Heavy Rain Disaster: Community FM Radio Introduce Local Heroes in Uwajima Area
  • FMがいや76.9MHz CSトイズ・トクウェーブ: 宇和島市から特撮テーマと特撮リクエストでお送りする生放送番組。Youtubeライブ同時放送で海外の特撮ファンたちが集うの55分間。最新の特撮玩具をラジオで紹介中!
  • CSTOYS featured in Shopify Japan Booklet

    Shopify パートナー

    2019年には、日本の商材を海外に販売してきた経験を生かし、Shopifyパートナーとして活動を開始。中小企業向けのEコマース構築サービスのサポートを始めました。

  • Office Seike: Switcher Studio

    ライブ配信サポート

    今やオンライン配信はごく普通の事となり、ビジネスに不可欠な存在となりました。「情報発信」の大切さが強調されますが、ただ映像見せれば良いわけではなく、訴えたいことは何かを絞り込み、ストーリーを引き出していく必要があります。

    弊社が今までオンライン配信と販売で培ったきたノウハウを活用し、YouTubeライブやFacebookライブなど、少人数からのライブ配信機材手配・運営サポート致します。

  • International Study with Office Seike

    国際教育

    「モノやコトを売る」という事は、自分や自分の周りの事を学ぶことから始まります。広い世界で日本人が生きていくには「世界で売る」ことを今始めなくてはなりません。産業と教育が表裏一体であるように、今後Eコマースの考え方が国際教育に導入されていくことでしょう。

    オフィス・セイケでは、地方における越境ECの重要性を考え、教育分野に今後も注力していきます。